お知らせ/イベント情報

2018年3月17日お知らせ

思い出の卒業ソング♪

やわらかなの日差しがうれしく感じる季節になってまいりましたね。

3月は卒業のシーズンです。

新たな世界へ旅立つ生徒の皆さま、またそれを見守られるご父兄の皆さま、立場は時の流れとともに変わっていきますが、やはり卒業式といえば「仰げば尊し」を一番に思い出します。

「仰げば尊し」の原曲は、2011年に一橋大学 名誉教授 桜井雅人氏が発見された「Song for the Close of School」というアメリカの曲です。アメリカで歌われていた曲がどういう経緯で、日本の卒業定番ソングになったのでしょうか。

文明開化が進められていた明治時代、西洋音楽から遅れをとっていた日本は、アメリカのメーソン指導のもとで、既存の西洋音楽の中から親しみやすい曲を選び、日本語の歌詞をつけて、明治14年から16年にかけて「小学唱歌集」という日本で初めての音楽教科書を発行しました。その中の一つとして、卒業式歌としてふさわしいと選ばれたのが「仰げば尊し」でした。

現在では残念ながら、なかなか卒業式で歌われる機会が無くなったそうですが、聴くだけで卒業当時の記憶がよみがえってくる素敵な思い出の曲す。

皆さまの心の中にも、それぞれの思い出の曲が大切にしまわれていることと思います。ぜひ、新しい季節に、歌でまたは楽器で、思い出の一曲を私たちと一緒に演奏してみませんか。

宝塚エジュケーションクラブでは、ただいま4月末まで入会金無料キャンペーンをおこなっております。この、皆さまとの新しい出会いを、スタッフ一同、楽しみにお待ちしております。

<フリーダイヤル>0120-593-349

お知らせ/イベント情報の一覧へ